【第21回】知っておきたい 供養の知識〜新しい年を迎え昨年を振り返る〜

年末には、新しい年を迎え、過ぎた一年を振り返り新しい年の心構えとしたいものです。

日記を書く習慣があれば、日々自身の生き方を振り返ることができますが、一ヶ月・一年を振り返り良かったこと・失敗したことを思いめぐらすことは、良い人生を送るために行なっておきたいものです。見直す中で、良かった点や失敗した点もわかってきます。

しかし、失敗も一概に悪いものではありません。例えば、著者が前年末近所の桜へ、試しに寒肥をやりました。食料の残飯を個体にしたもので、大変栄養バランスが良いものです。すると、この春に桜はきれいな花を長期間咲かせ、秋になっても紅葉がきれいで中々葉が落ちませんでした。今まで、桜の手入れを長くしていましたが、桜にとって健康のために肥料が必要だと気が付かない、大失敗をしていました。反省して失敗に気が付けば、桜守としての技量が上がったことになります。

自身の過去を見直し、良かったこと・失敗したことを人生の棚卸で振り返れば多くのことを学べ、心豊かになります。新しい年に向かい良き目標を立て、良い心掛けとそれを実現する辛抱・努力があれば、新しい年を豊かにしてくれるように思います。

人生は、幸運と不幸が同じ程度交互に降りかかってくるものだと思います。神経を研ぎ澄まし、幸運をしっかり感じ、幸運を掴む感度が必要です。同様に、不運を「大難は中難に、中難は小難」に切り替える感度・心構えが必要です。

生きていくうえで、運と根気、研ぎ澄ませた感度が必要な要素です。更に、間違ったことを見つけたら、間違っていると発言する勇気・社会を正す自立心も、社会と自分を大切にすることになります。また、良き運は神仏へのお参りや先祖供養、周りの人への親切で身に付くと思います。

関連記事

  1. 【第17回】知っておきたい 供養の知識〜墓仕舞い〜

    少子高齢化に伴い、田舎の住人が減少し、ご先祖を祀る責任者がだんだん少なくなり、又血縁に対する後継者としての責任感が少なくなり、墓仕舞いが時代の流れとして出てきています。

  2. 【第18回】知っておきたい 供養の知識〜供養の形〜

    供養の形について、本当に指導を受けてから40年になります。多くの事例を体験・研究し、人の世は個人の実力と共に、運に支配されていると感じます。

  3. 【第19回】知っておきたい 供養の知識〜供養と家族のあり方〜

    家族があり、その中で年を重ね、やがて寿命を迎えます。共に過ごし、豊かな年月を重ねた家族は、故人の見送りをした後も、やさしく心を寄せるものです。それが人として、自然に湧き上がる心情です。


ページ上部へ戻る