体をしならせて、若さを保つ

高齢の家族と同居していますが、腰が曲がり、筋力が落ちて、よく転倒します。健康維持のために、時々に、本人の体調維を目標に、体の手当てで、手足・体幹をねじりほぐします。

体が、幾分若さを維持できるようで、転倒してもなかなか骨折まで行きません。

若い・運動した女性が一番体がしなり、大きな事故でも奇跡的に生き残ったりします。よい例が、30年ほど前の日航機墜落事故です。奇跡的に助かったのは、若い女性だけでした。

体の若さを維持する方法の一つとして、筋肉・筋・骨格のねじりほぐしで、体のしなりを維持することが大切だと思っています。

山の修行中、歩行困難な同行者に、時々手当てします。


ページ上部へ戻る